生ゴミの処理が楽になると人気の
「ディスポーザー」。

元々備え付けのマンションや一戸建てでない限り、
「後付け」が必要になるので、調べている人も多いと思います。

ディスポーザーは生ごみの量を格段に減らしてくれますが、ネットで調べると
「やめたい」
「後悔」

などのネガティブなワードもちらほら・・・。

とても便利そうなディスポーザーなのに、
何が原因で後悔するのか気になりませんか?

そこで、このサイトでは、
ディスポーザーのデメリットについて説明します。

ディスポーザーを後付けしようと思っている方や、
ディスポーザーに興味のある方は、
ぜひ参考にしてください。

ディスポーザーのデメリットとは?

ゴミの量を減らしてくれ、不快なニオイも解消してくれるなど、メリットの多いディスポーザーにもデメリットがあります。

そのデメリットは、主に5つ。

ディスポーザーのデメリット5つ

①排水処理システムが必要
②ゴミの分別が面倒
③中性洗剤以外使えない
④熱湯を流せない
⑤電気、水道代がかかる

①排水処理システムが必要
ディスポーザーは砕いたゴミを下水に流すので、多くの自治体では、ディスポーザー単体での設置は許可していません。
取り付けるには、排水処理システムを別に付けるか、排水処理システムが組み込まれているディスポーザーが必要です。

また、ディスポーザーの設置自体を許可していない自治体もあり、その場合、設置はできません。

ディスポーザーを取り付ける際は、販売をしている会社に、お住まいの地域で設置できるか確認しましょう。

ゴミの分別が面倒
ディスポーザーには捨てられないゴミがあり、捨てられない主なゴミが下記のゴミ達。
・繊維質が強い物
・硬い物、堆積しやすい物
・コーヒーのカスなど粒子の細かい物


トウモロコシやタケノコの皮の様に繊維質な物は、配管詰まりの原因になるので流せません。
また、鶏の皮、魚の皮も粉砕されない場合が多いので流せません

カニの甲羅や貝殻、鶏の骨、果物の大きな種などは硬くて粉砕できないので流せません。

盲点なのが、コーヒーのカスなどの粒子の細かい物。グラインダーなどの器機の間に入り、故障してしまうケースが多いのです。

中性洗剤以外使えない
熱湯が流せない
ディスポーザーには、金属やゴムパッキンなどの素材が使われているため、漂白剤や塩素系洗剤、排水クリーナーなどを使うと、故障、劣化の原因になり使えません。
また、製品によっては重曹も使えない物もあります。
ディスポーザーに使われている素材は熱に弱い物もあり、熱湯を流すのも要注意です。故障や劣化の原因になります。

⑤電気、水道代がかかる
電気代は、
1日3回使った場合でも数百円〜1,000円/月程度。
水道代も数百円/月程度です。


以上がディスポーザーの主なデメリットですが、
他にも、
・一度に処理できるゴミの量が少なく、数回に分けて処理しなくてはいけない。
・大きなゴミは小さく切るなどしないと粉砕できない。

などのデメリットもあります。

ディスポーザーは止めた方がいい?

とても便利なディスポーザーですが、
流せないゴミが多い事や、ゴミの分別が必要な事は、正直面倒と言えます。

それでも、ゴミの量を減らせ、ニオイや不快感を解消できるのは大きなメリットです。

もっと簡単にゴミを捨てたい方に

でも、
「分別をしないで、もっと簡単にゴミを捨てたい」と思うのは自然な感情。

そこでお勧めなのが、最近注目されている
「生ごみ処理機」。

中でも乾燥式の生ゴミ処理機は、
ディスポーザーの面倒な部分を、ほぼ解消しているお勧めの処理機なんです。

ディスポーザーと(乾燥式)生ごみ処理機を比較

ディスポーザーと、乾燥式の生ごみ処理機を比べてみます。

ディスポーザーのデメリットを、ほぼ解消してるのが分かります。

それに、価格もディスポーザーと同程度。
むしろ工事費(設置費用)がかからない分お得と言えます。

(乾燥式)生ごみ処理機のメリット

(乾燥式)生ごみ処理機のメリットは次の様な感じです。

ディスポーザーと同じく、生ごみ処理機も、ゴミの量を減らし、不快なニオイなどを解消してくれます。

何より、
生ごみ処理機を推奨している自治体も多く、
「助成金」で、購入金額の一部を負担してくれる自治体もたくさんあります。

\超重要!/
生ゴミ処理機は「夏が終わる」までに買うべき理由とは?

生ゴミ処理機は助成金対象製品です。

なので、助成金制度を利用できれば、
負担金額を大幅に減らすことができます。

自治体によって、補助金額が違いますが、半分程度出してくれる自治体もあり、生ゴミ処理機を購入するなら、絶対使った方がいい制度です。

ただ、この助成金制度は、
ずっと使えるとは限らないんです。


その理由が「予算の上限」があるからです。

助成金制度は、毎年、各自治体で予算を割り当てます。
その予算が残っている間なら、助成金制度は使えるのですが、
助成金の申請が「予算の上限」を超えたら、それ以降、助成金は出なくなります。

当たり前と言えば、当たり前なのですが、
予算を決めておかないと、予想以上に助成金の支出が多かった場合、普通に赤字になってしまうからなんです。

実際、過去には、
秋以降、助成金が下りなくなった自治体もあった様です。
(生ゴミ処理機は夏に買う人が多く、助成金の申請も夏が多いので、秋になる頃には予算を超えてしまったらしいです)

そうなると、
助成金制度は使えず全額自費負担。
「お得に買える」メリットが無くなります。

なので、
生ゴミ処理機を購入するなら、助成金の予算がある間がおすすめなんです。
(助成金制度は各自治体で確認してください)

おすすめの生ゴミ処理機を紹介

ディスポーザーと比較しても、乾燥式の生ごみ処理機は魅力的な製品です。
そんな、乾燥式の生ゴミ処理機でおすすめなのが、次の2製品。

ルーフェン(loofen)
パナソニック(MS-N53XD-S)
タイプ
タイプ

乾燥式


1回:約20円

価格(税込)
価格(税込)

64,680円
公式サイト限定

割引クーポンあり
(利用時53,688円)

オープン価格
(楽天市場:103,400円)

大きさ
大きさ


高さ:35cm
横:27cm
奥行:38cm
重さ:6kg


高さ:55cm
横:26.8cm
奥行:36.5cm
重さ:12kg

処理能力
処理能力


150〜300g目安/1回
最大1kg/1日


約2kg/1回
約8kg/1日

脱臭能力
脱臭能力


温風乾燥で
脱臭・除菌

作動音(図書館内で感じる音は40dbと言われます。)
作動音(図書館内で感じる音は40dbと言われます。)


30db


42〜44db

人気、実力申し分なし。
インテリアとしてもオシャレな家庭用生ゴミ処理機。
ルーフェン(loofen

  • 生ゴミ77%減
  • 電力調整AIで省エネ仕様
  • ゴミの仕分けが不要、追加投入もOK
  • 99.9%除菌で梅雨の時期も衛生的
  • 活性炭フィルターで強力消臭
  • 助成金対象
  • 公式サイト限定割引クーポンあり
タイプ

乾燥式

価格(税込)

販売価格64,680円
公式サイト限定
割引クーポンあり
(利用時53,688円)

処理能力

150〜300g目安/1回
最大1kg/1日

保証

1年間無償保証付き

●限られたスペースに置けるコンパクトサイズ。キッチンのスペースを有効活用できます。

ルーフェンの魅力の1つは場所を取らないコンパクトさ。重さも6kgで1人で持ち運べる軽さ。移動も簡単です。

●生ゴミを77%減少。ニオイもなく、小さく軽くなって、ゴミ出しの回数が激減。忙しい日常生活でも時間を節約できます。

パリパリに乾燥させ、ニオイやヌメリをカット。収集日までの保管中に、小バエや虫などの発生の心配もなくなり、梅雨の時期や真夏も安心。

●ゴミの仕分けが不要。食べ残しをそのまま捨ててOK。

貝殻や牛骨などの大きな骨もそのまま投入可能。ゴミ箱感覚で使えます。

●深夜でも使える静かな作動音。
隣家を気にせず使えます。

音も静かで、スイッチを入れて寝てもOK。ぐっすり寝ている間に乾燥処理が終わります。

AIが電力調整。効果的に節電。家計への負担も少なく◎

AIがゴミの量によって電力調整。ムダな電気を使わないので、1日約20円程度に節電。家計の負担も心配なし。

【電気代目安】
平均消費電力(90W):2.4円/1h
最大電力(130W):約3.5円/1h
送風モード時(10W)で約0.3円/1h
※1kWh単価 27.0円で算出
※ゴミの種類や乾燥の進行具合によって消費電力が変動しますので、目安としてご参考ください。

助成金制度利用可能。1年間の無償保証付き
助成金制度の利用で、購入金額の一部を自治体が補助。安く購入できます。
ルーフェンの公式サイトで、助成金実施上状況が分かります。
チェックしてみてください。

※目安なので、実際の価格は各自治体で確認してください。

公式サイト限定の割引クーポンで
さらにお買い得

月々2,033円(税込2,237円)×24回払い。
(総額53,688円)

\月々2,237円。ゴミ出しのストレスから解放!/
ルーフェン(loofen)/詳しくはこちら

助成金対象。1年間無料修理保証。
安心のブランド。

パナソニック(MS-N53XD-S)

  • 大容量でコンパクトサイズ
  • 独自技術で高い脱臭効果
  • 有機質肥料が作れる「ソフト乾燥モード」付き
  • 約130℃の温風で乾燥除菌
  • 助成金対象
タイプ

乾燥式

価格(税込)

オープン価格
(楽天市場:(楽天市場:90,689円)円)

処理能力

約2kg/1回
約8kg/1日

保証

1年間無料修理保証付き

●1回約2kg1日約8kgの処理が可能
大家族も安心の処理能力。

●有機質肥料が作れる乾燥モード付き。
処理物を堆肥として使える、独自の乾燥モードを設置。

助成金制度利用可能。1年間の無料修理保証付き
助成金制度の利用で、購入金額の一部を自治体が補助。安く購入できます。

おすすめはどっち?

おすすめは「ルーフェン」。

ルーフェンは、高性能で価格も安く人気があります。
欠点と言えば、コンパクトなので処理量の限界は1日1kgと言う事。

4人家族で出る、1日の生ゴミの量は約1kgと言われているので、それ以上の家族構成の場合、ルーフェンでは難しいかもしれません。

ルーフェンがおすすめな方

4人家族以下がおすすめ

▶ルーフェン/詳しくはこちら

まとめ

ディスポーザーは、ゴミの量を減らすのに便利ですが、捨てる際に少し手間がかかるのが面倒なところ。

そこで、おすすめなのが、手間もかからず、価格的にもお得なルーフェン。

生ゴミを処理する手間も、
生ゴミを収集日まで保管する煩わしさも
全てなくす事ができます。

使うと実感しますが、
本当にストレスフリーで快適な毎日になります。

今回紹介したルーフェンは、
性能・機能も申し分なし。

価格も、助成金制度を利用すれば、最大半額から、数割引で購入できます。
※助成金の金額は、自治体によって異なります

生ゴミに左右されない、ストレスフリーな毎日を過ごしたいなら、
ぜひ、ルーフェンを検討してください。
快適な毎日が待っています。

▶ルーフェン/詳しくはこちら

▶パナソニック/詳しくはこちら