\生ゴミ処理機を買うのはちょっと待って!
知らなきゃ損する、
生ゴミ処理機のデメリットを紹介。

生ゴミの処理が格段に楽になると言われる
「生ゴミ処理機」。

購入を考えている人も多いと思いますが、
心配なのがデメリット。

買った後に、
「こんなデメリットがあったなんて・・・」
「買わなきゃ良かった・・・」
と後悔しない為にも
デメリットを調べるのは大切です。

そこで、このページでは
生ゴミ処理機のデメリットを紹介します。

このページを読めば、

●デメリットが分かり、買った後に後悔しなくなります
●知らずに買って、お金をムダにしなくてすみます。

●本当に使える生ゴミ処理機が分かります。

生ゴミ処理機の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

生ゴミ処理機のデメリットを紹介

生ゴミ処理機で、よく話題になるデメリットに、次の4つがあります。
①少し臭う
電気代がかかる
初期費用がかかる(購入価格)
④使うのに少し面倒

製品によって違いはありますが、
口コミなどでも次の様に書かれています。

ニオイの口コミ

少し臭うけど問題無い

運転中匂う

全然気にならないレベル。

電気代の口コミ

思ったほど電気代はかからない。

電気代より購入金額がたかい。

初期費用の口コミ

補助金使えたので買った。買って正解。あるとすごい便利。

高いから、補助金がない地域はキツいかも。

正直高い。もっと安くなれば、使う人も増えていいと思うんだけど。

使い勝手の口コミ

捨てられない生ゴミが多い。

捨てられないゴミがあるから、捨てる時分別するのが面倒。

ゴミの分別が面倒だから、ニオイとか心配しなくていい冬場とか使う回数が減る

間違って貝殻捨てて焦った。分別が必要なのは分かるけど、やっぱり面倒。

分別のことは知ってたので、分別しなくていいのを買いました。おかげでとても使いやすいです。

深刻度の高いデメリットとは?

口込みなどを見ると、ニオイや電気代のデメリットは、デメリットと呼べるほどではないのがほとんど。
対して、少し気になるデメリットが
初期費用の高さ
捨てられないゴミの多さ

です。

デメリットの解決方法は?

初期費用の高さを解決するには

初期費用の高さを解決するには、
①安い製品を買う
②補助金を利用する

事で、解決できます。

生ゴミ処理機は補助金対応製品なので、購入金額を補助してくれる自治体もあり、購入を考えているならぜひ利用したい制度です。

ただ、
補助金には上限があり、上限金額も自治体によってバラバラ。
1万円〜3万円程度の自治体が多いです。

また、補助金制度のない自治体もあるので、その場合は全額自己負担になります。

捨てられないゴミの多さを解決するには

生ゴミ処理機で以外と面倒なデメリットが
「捨てられない生ゴミ」がある事です。

生ゴミ処理機は、製品によって機械内部で生ゴミをかき混ぜる「撹拌」をする物があり、そう言った製品は、かき混ぜる部品が壊れない様、固い物は捨てられません。

鶏の骨、シジミやアサリの小さな貝殻などが捨てられず、間違えて捨てると故障の原因にもなり、捨てる際の分別を面倒に感じる人が多いんです。

なので、「撹拌」をしない生ゴミ処理機なら、基本なんでも大丈夫。

面倒臭さが気になるなら、撹拌のない処理機がおすすめです。

\重要/
生ゴミ処理機は「夏が終わる」までに買うべき理由

生ゴミ処理機は助成金対象製品です。

なので、助成金制度を利用できれば、
負担金額を大幅に減らすことができます。

ただ、この助成金制度は、
ずっと使えるとは限らないんです。


その理由が「予算の上限」があるからです。

助成金制度は、毎年、各自治体で予算を割り当てます。
その予算が残っている間なら、助成金制度は使えるのですが、
助成金の申請が「予算の上限」を超えたら、それ以降、助成金は出なくなります。

実際、過去には、
秋以降、助成金が下りなくなった自治体もあった様です。
(生ゴミ処理機は夏に買う人が多く、助成金の申請も夏が多いので、秋になる頃には予算を超えてしまったらしいです)

そうなると、
助成金制度は使えず全額自費負担。
「お得に買える」メリットが無くなります。

なので、
生ゴミ処理機を購入するなら、
助成金の予算がある間がおすすめなんです。
(助成金制度は各自治体で確認してください)

口コミでも人気の生ゴミ処理機3種類

デメリットはゼロではないですが、口コミでも「買って良かった」と評価の高い生ゴミ処理機を粗油お買いします。

ルーフェン(loofen)
ナクスル(NAXLE)
パナソニック(MS-N53XD-S)
価格(税込)
価格(税込)

公式サイト限定
53,688円
(2,237円×24回)

127,600円

オープン価格
(楽天市場:103,400円)

大きさ
大きさ


高さ:35cm
横:27cm
奥行:38cm
重さ:6kg


高さ:58cm
横:38.5cm
奥行:43cm
重さ:18kg


高さ:55cm
横:26.8cm
奥行:36.5cm
重さ:12kg

脱臭能力
脱臭能力


活性炭フィルター&
99.9%除菌


ハイブリッド脱臭システム


温風乾燥で
脱臭・除菌

電気代(1kwh27円/1回8時間使用で計算)
電気代(1kwh27円/1回8時間使用で計算)


1回:約20円


1回:約13円


1回:約20円

作動音(図書館内で感じる音は40dbと言われます。)
作動音(図書館内で感じる音は40dbと言われます。)


30db


17.3〜23.2db


42〜44db

ゴミの分別
ゴミの分別


なし


あり


あり

生ゴミの分別不要。
月々2,000円代で買えるおすすめ品。
ルーフェン(loofen

▶ルーフェン/詳しくはこちら

  • 生ゴミ77%減
  • 電力調整AIで省エネ仕様
  • ゴミの仕分けが不要、追加投入もOK
  • 99.9%除菌で梅雨の時期も衛生的
  • 活性炭フィルターで強力消臭
  • 助成金対象
  • 公式サイト限定割引クーポンあり
タイプ

乾燥式

価格

53,688円
(公式サイト限定)

処理能力

150〜300g目安/1回
最大1kg/1日

保証

1年間無償保証付き

●限られたスペースに置けるコンパクトサイズ。キッチンのスペースを有効活用できます。

ルーフェンの魅力の1つは場所を取らないコンパクトさ。重さも6kgで1人で持ち運べる軽さ。移動も簡単です。

●生ゴミを77%減少。ニオイもなく、小さく軽くなって、ゴミ出しの回数が激減。忙しい日常生活でも時間を節約できます。

パリパリに乾燥させ、ニオイやヌメリをカット。収集日までの保管中に、小バエや虫などの発生の心配もなくなり、梅雨の時期や真夏も安心。

●人気の秘密!
ゴミの仕分けが不要。食べ残しをそのまま捨ててOK。

貝殻や牛骨などの大きな骨もそのまま投入可能。ゴミ箱感覚で使えます。

●深夜でも使える静かな作動音。
隣家を気にせず使えます。

音も静かで、スイッチを入れて寝てもOK。ぐっすり寝ている間に乾燥処理が終わります。

AIが電力調整。効果的に節電。家計への負担も少なく◎

AIがゴミの量によって電力調整。ムダな電気を使わないので、1日約20円程度に節電。家計の負担も心配なし。

【電気代目安】
平均消費電力(90W):2.4円/1h
最大電力(130W):約3.5円/1h
送風モード時(10W)で約0.3円/1h
※1kWh単価 27.0円で算出
※ゴミの種類や乾燥の進行具合によって消費電力が変動しますので、目安としてご参考ください。

公式サイト限定。2段階の割引チャンス

ルーフェンは定価82,280円ですが、
公式サイトだと64,680円で購入可能。

さらに今なら
10,000円OFFの特別クーポン付き。
さらにお得に購入できます。

特別クーポンを利用すれば月々2,000円代で購入できます。
月々2,033円(税込2,237円)×24回払い。
(総額53,688円)

助成金がなくても、少ない負担で購入できます。

\月々2,237円。ゴミ出しのストレスから解放!/
ルーフェン(loofen)/詳しくはこちら

簡単1秒。蓋を開けて入れるだけ。
ゴミ捨てのストレスが驚くほどなくなる生ゴミ処理機
ナクスル(NAXLE

ナクスル/詳しくはこちら

  • 蓋を開けてゴミを入れるだけ
  • 悪臭を99.84%除去
  • 未使用時の電力を大幅カット
  • 深夜でも気にならない作動音
  • ペットの排泄物も処理可能
  • 堆積物は「堆肥」として利用可能
  • ほぼメンテナンスなし。煩わしさゼロ
  • 助成金対象
タイプ

ハイブリッド式

価格(税込)

127,600円

処理能力

最大1~1.5kg/1日

保証

1年間無償修理保証付き

●蓋を開けてゴミを入れるだけで、後はほったらかしでOK

1秒で終わるゴミ捨て。生ゴミを捨てる事も(ほぼ)なくなる生活に。
一度使ったら、ナクスルのない生活には戻れないほどの快適さです。

●強力消臭でニオイゼロの快適キッチン。

悪臭を99.84%消臭。生ゴミのイヤ〜なニオイをなくします。

●驚くほどの静音設計。深夜でも安心して使えます。

木の葉のふれ合う音が20db程度。
ナクスルは17.3〜23.2db。寝ているときに使っても、隣家はもちろん、自分たちも気付かないレベルです。

●便利な上に省エネ設計。手間も電気代もかかりません。

消費電力60Wの低電力仕様。しかも未使用時の電力は大幅にカット、電気代もかかりません。

●ペットの排泄物も処理可能。堆積物も堆肥として利用可能

●ほぼメンテナンスフリー。まさにほったらかし生活
ゴミの量にもよりますが、体積物の処理は数ヶ月〜1年に1回程度。ほぼ何もしなくてOK。
生ゴミもなくなるので、ゴミ出しは激減。

助成金制度利用可能。1年間の無償修理保証付き
助成金制度の利用で、購入金額の一部を自治体が補助。安く購入できます。

\助成金でお得に購入。ゴミのない快適ライフ!/
ナクスル(NAXLE)/詳しくはこちら

助成金対象。1年間無料修理保証。
安心のブランド。

パナソニック(MS-N53XD-S)

▶パナソニック/詳しくはこちら

  • 大容量でコンパクトサイズ
  • 独自技術で高い脱臭効果
  • 有機質肥料が作れる「ソフト乾燥モード」付き
  • 約130℃の温風で乾燥除菌
  • 助成金対象
タイプ

乾燥式

価格(税込)

オープン価格
(楽天市場:90,689円)

処理能力

約2kg/1回
約8kg/1日

保証

1年間無料修理保証付き

●1回約2kg1日約8kgの処理が可能
大家族も安心の処理能力。

●有機質肥料が作れる乾燥モード付き。
処理物を堆肥として使える、独自の乾燥モードを設置。

助成金制度利用可能。1年間の無料修理保証付き
助成金制度の利用で、購入金額の一部を自治体が補助。安く購入できます。

おすすめはどれ?

おすすめは「ルーフェン」。

扱いやすく、価格もお手頃なルーフェンがおすすめ。

助成金のない地域でも、
公式サイトなら割引額も多く、負担が少ないのが魅力。
貝殻や大きな骨など、分別しなくていいのも楽なポイント。

コンパクトで置き場所に困らず、初めて生ゴミ処理機を買う方にもピッタリ。

ゴミ収集日まで、ゴミを保管するのにうんざりしている方に、ぜひ使ってほしい1台です。

▶ルーフェン/詳しくはこちら

まとめ

生ゴミを処理するのに、手やキッチンが汚れる。
捨てたいときに捨てられない。
そんなストレスにうんざりしている方は多いと思います。

食事は毎日するので、生ゴミも必ず出てしまいます。

けれど、生ゴミ処理機があれば、

生ゴミを処理する手間も、
生ゴミを収集日まで保管する煩わしさも

全てなくす事ができます。

使うと実感しますが、
本当にストレスフリーで快適な毎日になります。

今回紹介した生ゴミ処理機は、
性能・機能も申し分のない物ばかりです。

価格も、助成金制度を利用すれば、最大半額から、数割引で購入できます。
※助成金の金額は、自治体によって異なります

生ゴミに左右されない、ストレスフリーな毎日を過ごしたいなら、
ぜひ、生ゴミ処理機を検討してください。
快適な毎日が待っています。

▶ルーフェン/詳しくはこちら

ナクスル/詳しくはこちら

▶パナソニック/詳しくはこちら